なつかし舍 ゆるやかな日々のあれこれ

昔なつかしい、ゆるやかな暮らし方を模索チュウです♪♪   

心の傷を抱えている人に‥‥Manchester by the Sea

男兄弟のうちひとりがある事で人生が台無しになり・・・という物語。

主演のケイシー・アフレックは、監督した作品でちょいとやらかしてあまりヒット作には恵まれず、元奥さん役は、ミッシェル・ウィリアムズ!(T-T)
彼女の元夫は亡きヒース・レジャー。
現実に影やキズを負った役者のキャストって‥‥なんかできすぎ。

主人公ほどの心の傷が深かったワケでは無いけれど、なんだか自分の人生ともかぶる。
壁を乗り越えたというか、困難を経験した人には、なんだろう、この心に刺さってくるシーンの連続。
2箇所でおいらは涙が止まらなくなってしまい、妻の手を握ったまましばらく力が抜けなかった‥‥
またあるシーンでは、カンにさわるというか、心が逆撫でられるというか、よくもまぁこんなシーンを入れるもんだと動揺した。
演技も相当だけれど‥‥ここまで心が揺れるのはやはり良く出来た脚本なんだろうと思う。

大傑作ってことではないけど‥‥今のとこ本年ベスト3には入る秀作でした。

鑑賞後の帰り道、車でたまたま、以前暮らした街を通り、また映画の主人公と重なりました。
きっと自分もこの街に居続けたらやり直すことは難しかっただろうと。
それでも生きているから、何にすがっても生きてさえいれば心の傷は癒えずとも未来の希望が見えてくる。
俺はこの街を出る事で新しい人生の希望を見ることが出来た。

心の傷を抱えている人、抜け出せない人には是非観て欲しい、静かな秀作。


toshi

スポンサーサイト
[ 2017/07/04 15:56 ] 映画が好きだ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する