なつかし舍 ゆるやかな日々のあれこれ

昔なつかしい、ゆるやかな暮らし方を模索チュウです♪♪   

ご報告♪

魂がつながっているなら(つながっているかな?)、法的なつながりにこだわる必要もないだろうとずっと思ってきた相方のとしさんと私、2017年3月3日一粒万倍日に入籍しました。

なんと、としさん、濱村さんになりました!

出会って9年。
何故今更、紙に(神に)誓う形の婚姻なのか、名家でもないのに濱村に婿入りなのか・・・我らながら戸惑いがないわけでもないのですが、昨年末他界した物静かだった父が、あちらの世界からとしさんの背中を押してくれたのかなと思っています。
それは、としさんと私にとって、今まで全く思いつかなかったスタイルで、父がとしさんの耳元で指南してくれたとしか思えない、父が亡くなった直後からゆるやかに動き出した展開なのでした。


畏れ多くも・・・一粒万倍日の私達の誓いが、ちいさなちいさな種となり、籍だのなんだのという狭い枠を越えて家族のように思える人がここからさらに粛々とふえていくよう、世界のあらゆる縁あるところから家族愛の芽が芽吹くことを祈りながら、二人で歩んでいきたいと思っています。

引き続き、老いらくカップルをよろしくお願いします。

17103336_1238044869619632_5811129351714755703_n.jpg


追記)
何故か、昨年「結婚しちゃえば?」とか「結婚するならドレス作ってあげるよ」とか・・・全く結婚する予定がない私たちに妙〜に結婚をすすめてくれていた友達達がチラホラ。
母も父が亡くなった直後に「(もう結婚しているも同然だけど)結婚式をするつもりはないの?」と。
皆、それぞれのジャブをありがとう。

また、入籍を決めてから、諸々事情があり、ほとんど誰にも知らせることが出来ずにいたのに、ひさしぶりにあった友人からは「入籍とかしないの?」とダイレクトに聞かれたり、「いつかは嫁にいくだろうけど、今はハマムラだからHの刺繍がはいったハンカチをもらって」と白いハンカチをくれる友人がいたり。
「先日、やよいっち達が結婚する夢をみたよ」と言う友人がいたり。
入籍する日の目処がたったその日、1ヶ月前にインドに注文してつくってもらっていたとしさん用のペンダントが「出来たので今日発送します」とメールが来たり。そのペンダントの到着は私の誕生日だったり。

これでもかこれでもかな嬉しいサインの連続でした。

そして、としさん用のペンダントにおまけではいってたカードはこちら↓(笑)
16992185_1238604976230288_6635638655219190869_o.jpg

出来過ぎ!!

スポンサーサイト
[ 2017/03/03 23:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する