なつかし舍 ゆるやかな日々のあれこれ

昔なつかしい、ゆるやかな暮らし方を模索チュウです♪♪   

季のものに囲まれて

りんごの摘果作業が終わり、ちょっと一息な我が家。
この時季、旬なモノが次々と巡ってきます。

春に引っ越した現借家には玄関脇に庭木としてマサキ・ナンテンそして桑が。
春に桑の枝が結構邪魔で枝を結構切ってしまったのだけれど、玄関横の桑の木だけは実がしっかりつきます。
ここ4〜5日でボール数杯獲れ、相方やよがジャムに炊いてくれました。

13335999_556872787818635_5287464511820748350_n.jpg

13413696_556872791151968_3568022592704161105_n.jpg
30分位でボールが一杯に。

また、仕事の下見のついでに立ち寄った仲良しのお寺さんで旬の淡竹掘りに誘われ、沢山収穫♡
13346857_556872881151959_6951829778906686038_n.jpg

タケノコ半身に刃をいれたら、先端をこれくらい落とし、皮はむいちゃいます。
13428032_556873901151857_7817971334547683581_n.jpg

タケノコを煮るのは、庭に設置の簡易かまどで♪
13339704_556872891151958_1636428215736835103_n.jpg


13335822_556872927818621_1724672854286757823_n.jpg
今回、初めて「コールド調理」にチャレンジしてみました。
今までは沸いたお湯にタケノコを皮ごと入れていたけれど、今年は水の内に既に剥いたタケノコをどんどん入れ、沸騰した時点で火は落とし、冷めるまでしばらく放置。
この調理だと、タケノコのしゃっきり感が残るような気がします。

我が心のお寺さん(仲良しのお寺さん)では、境内にある池に生える菖蒲とヨモギをヒモで括り、玄関前につるすようです。厄除け・邪気払い、また家が火事にならないように・・・という意味合いもあるそう。

お寺に咲いている、旬の菖蒲とヨモギをお裾分けしてもらい、お風呂に浮かべ「菖蒲湯」に。
あせもや解毒に良いようで、汗の引きが良いです。

13319762_556872994485281_374311315982902165_n.jpg


季のモノとの暮らし、お金には換えられない幸せがあります。
スポンサーサイト
[ 2016/06/09 09:51 ] (季節を)食べる♪ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する