なつかし舍 ゆるやかな日々のあれこれ

昔なつかしい、ゆるやかな暮らし方を模索チュウです♪♪   

「スポットライト」★★★★☆

【ファーストデーは東座!‥‥本年21作:スポットライト】

本日ファーストデーということで、月イチ恒例にしている東座へ。
連日フルで働きに出ているので、今月は無理かなあと諦めていたけれど、滑り込みで鑑賞へ‥‥

昨年から続く「ボストンもの」の1本でもあって、押さえておきたかった作品。
まさかのアカデミー作品賞で、しかも珍しくどメジャーな作品なのに東座上映で嬉しい限り。
カトリックのなんたるやが親近感ない私に繊細なトコロはわかるのかなぁ??と思っていたけれど全く問題なしの緊張感と、テンポで圧倒されました。
事件の内容だけに幾らでも陰々滅々とした画にできる所を、あくまでもジャーナリズムの描写に徹して、ネタにくらいついてウラをとる基本がいい緊張感を出していました。

時々入るアメリカンジョークにも笑えたし、ボストンものが続いたおかげで、「サウシー」「ノースエンド」「ドーチェスター」といった地区の現す意味が字幕になくても少し判り、人種や貧困といったボストンの事が頭に入っているとより入り込めます。
ベースが実話なところも緊迫感を加速させます。

俳優陣は鉄壁で、実に個性的。
マイケル・キートンは「Game 6」っていう傑作でも主演しているけれど、あれも舞台はボストンとレッドソックスのお話しだったなぁ‥‥

俳優のキレを感じる秀作でした♪

この作品がアカデミー作品賞を受賞する意味って深いような・・・気がしました。



スポンサーサイト
[ 2016/06/08 07:32 ] 映画が好きだ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する