FC2ブログ

なつかし舍 ゆるやかな日々のあれこれ

HP▶https://natsukashiya2018.jimdofree.com/  

冬は手直し

冬は家で手直しに限る。

昔買ったコーデュロイの裾を切る→ジグザグミシン→刺し子糸で裾あげ。以上!!

20190120141045774.jpg

201901201410462cf.jpg

20190120141600b4a.jpg
↑わかりにくいけどグラデーションになってる刺し子糸を使うと、仕上がりがちょっと楽しい感じになる♪

問題は分厚いレギンス(←レギンスのせいにしておく)を着ているせいできつくなってるお腹まわりの手直し。
ウエスト部分の手直しはハードルが高いのでレギンス?の厚みを減らすことで対応しよう。


Yayo

スポンサーサイト
[ 2019/01/20 14:17 ] 手直し | TB(0) | CM(0)

出店テーブルリサイズ

出店テーブルをリサイズ。
今のあるちいさなテーブルを大きく!・・・が私の希望。

としさん、アルモンデ精神を発揮して素敵なテーブルを作ってくれました。

20181227175257b2e.jpg
画面右のベージュっぽいテーブルが元々あったもので、ちょっと小さい!

201812271752595cf.jpg
・・・で家にあった材料でこんなものを作り

20181227175256b2c.jpg
元のテーブルと離れないようにし

20181227175255fcc.jpg
見事サイズア〜〜ップ!!!!!

20181227175300fd0.jpg
完成はこんな感じ。
ちょっとボロくなった?
布をかければ問題なし!

20181227175302176.jpg
天板につかった板にちょうど?穴があいてたので、看板までつけられました❤️


すばらしい!!!
夫を見直した貧乏性夫婦でした(笑)


Yayo




漬けました、カリンシロップ

友達から貰ったカリン。
喉の痛みに効くカリンシロップを仕込みました♪
種とワタも一緒に、カリンと同量の砂糖と漬け込む。

20181222225500d77.jpg

今年は貰った柚子も一緒に漬け込んでみた❤️

1ヶ月程してカリンがシワシワになったら、シロップだけを鍋に取り出して一旦グラグラっとさせて完成!

喉のイガイガに効くカリンシロップ、重宝なのだ。

そのまま飲んでも美味しいし。


1ヶ月後が楽しみです♪♪


Yayo



[ 2018/12/22 23:08 ] 季節の日記 | TB(0) | CM(0)

ホーリーバジルのタネ

ちいさな市で購入させていただいたホーリーバジルの苗。

201811121522323aa.jpg


夏を越し、秋になり、冬を控え、タネができました。
相方としさんの身体にあうのか、彼が大好きなホーリーバジルティー。
ホーリー(聖なる)という名前がついているだけあって、素晴らしい効能がいっぱいだが、美味しいと思えないと続かないもの。(私は彼ほど好きではないが嫌いでもない)

来春は自家栽培して自家ホーリーバジル(トゥルシー)ティー作りに挑戦!!

いつも気づくとタネを蒔くのに遅い時季になってしまっているので、来春こそ!!
霜がおりなくなる時季・・・ざっくりだが・・・3月末くらいだろうか。

https://harmony-toho.com/tulsi-grow/
☝️こちらの栽培方法を参考にしよう(覚えとしてサイトアドレスを貼り付け)

201811121518372a7.jpg




[ 2018/11/12 15:25 ] 備忘録的日記(農) | TB(0) | CM(0)

コウベを垂れた映画

私、映画、音楽、アート系全般音痴です。
マイケルジャクソンのThis is itの評判を断片的にきき「マイケル J フォックスのThis is thatを貸してください」とレンタルビデオ店に行ったことがあるほど。
忌野清志郎は長いこと仮装してる変なおじさんだと思ってた。
学生時代に観て感銘をうけた映画も多いくせに、映画全般、時間泥棒だとも思ってた。

そんな私がまたまたコウベを垂れる映画を観た。

「ボヘミアン ラプソディー」




イギリスのバンドQUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーを軸とした映画。
クィーンといえば、裸のねぇちゃん達が自転車に乗ってる歌・・・そんな浅はかな認識を持ってた自分を猛省。
エイズで45歳という若さで亡くなったフレディはいろんな偏見や既存の枠と闘ってたと思うけど、多分私のような浅い認識にも包まれて居心地が悪かっただろうと思う。

映画をみる前に相方さんが借りてきてくれたクィーンのアルバムを聴きながら、ゴスペルを聴いてるような気がして心が揺さぶられ、その不思議さを紐解きたくて観にいった映画。

耳で知ってた歌の意味や背景を知って、(アート全般に対しても)「あ〜ごめんなさい」って思った。
映画を観てフレディだけではないクィーンのメンバーの素晴らしさも感じることができたし、何よりも歌が自分の中で膨らんでいった。
フレディと、フレディを生かしたクィーンというバンドが伝えてくれるフィールドを感じた。
映画、音楽に限らない、アートというものの大切さを改めて痛感した。

そして、映画の中で流れるクィーンの歌をちいさな声で一緒に歌ってた、近くに座ってたおっちゃんがとても愛しく感じられたのでした。


Yayo

[ 2018/11/10 15:28 ] 映画が好きだ | TB(0) | CM(0)